キャリアラボ活動紹介:CRL登録キャリア・アドバイザー制度 / 大木紀子

2012年5月21日
 

キャリアラボでは、2006年よりCRL登録キャリア・アドバイザーの制度を運営しております。この制度は、慶應丸の内シティキャンパスとの共催プログラムである「キャリア・アドバイザー養成講座<アドバンス>」(http://www.keiomcc.com/program/caa/)を修了された方々を対象に、継続的な情報交換・自己研鑽の場を提供し、キャリア・アドバイザーについて共に研究を進めていくことを目的としたものです。

この制度の主な活動として、年間6回のスーパービジョン(勉強会)を行っています。6回のうち、半数程度は講義/ワークショップ形式で、残りの回は事例研究を実施しています。講義/ワークショップ形式の回では、キャリア・アドバイザーに関する花田の問題意識や、関連領域の最新動向を皆さんと共有し、ディスカッションを行っています。事例研究の回では、メンバーの皆さんが日ごろの活動の中で実際に経験した課題を抽象化し、ケースとしてまとめていただき、そのケースを題材にディスカッションを行うことで、キャリア・アドバイスに関する多面的な視点を養う勉強を行っています。

20064月よりスタートしたこの制度には、延べ253名の皆さんにご参加いただいています。1年毎に登録更新をする仕組みのため、継続参加のメンバーも、一時休会した後に復帰するメンバーもいらっしゃいます。また、日常的にキャリア・アドバイザーの業務に携わっている方も、そうでない方もいらっしゃいます。様々な立場の方々が、キャリア・アドバイザーに興味・関心を持つ仲間として集まり、ディスカッションを行っています。

研究所の一スタッフとして、このような継続的な関係を構築できる場は、大変有り難いものです。2ヶ月に1度の頻度ではありますが、皆さんの近況や考えを間近にお聞きすることができ、またフランクにご意見を頂けることが、スタッフとしての仕事の励みになっています。今後も、この勉強会がキャリア・アドバイザーに興味・関心をお持ちの皆さんのお役に立てる場であるよう、新しい情報や意義ある試みをお届けする努力をしていきたいと思います。そして、このコミュニティの運営のお手伝いを通じて、より多くの方々のライフキャリアのサポートの一端につながれば幸いと考えております。